ホーム »

農家の跡継ぎの戯言

大学では3月といえば就職活動が始まる時期。


3年生に限ってですがね。あとは就職浪人していた4年生。


ここ数年は不景気の影響からか就職浪人する人が目立つ様子。

自分は実家の農業を継ぐか悩んでいるんですが、結論として就職活動はやってみることに。
別に農業法人とかに就職するのではなくメーカーとか金融とかの企業を中心に周る予定。
全く別の畑でも営業の経験とか金融の知識ってのは絶対に役に立つと思うし。

正直自分の親や祖父の商売の仕方をみていてすっごく不効率だと感じることが多い。
ビジネス的な思想がないというか、もっと工夫して利益率をあげたり販路を拡大って発想があんまりない。
ふつーに作物を作っていればなんとかなる、的な。

中には法人化して農業をシステム化してるとこもあるけどね。
そういうところは新卒社員なんかもとってるし、大手チェーンの需要を一手に引き受けたりしてるからかなり利益は多そう。

自分はどちらかというとそうやっていきたい。


野心はあるし農業は嫌いじゃないから。

放射能の影響で関東近辺の農家は正直将来が不安な点があるかと思うけど、あまりそんなことばかり考えても意味がないのでまずは出来ることを全力でやろう。

埼玉県の婚活関連情報
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/kekkon/